対馬プロジェクト

推定生息数わずか100頭。絶滅の危機に瀕するツシマヤマネコを守るため、それまで獣医師の常駐する動物病院のなかった長崎県対馬に「対馬動物医療センター」を設立して獣医師を常駐させ、活動拠点としました。
ここでは、以下の活動に取り組んでいます。

ツシマヤマネコの脅威となるイエネコの感染症対策とペットの適正飼養推進

ツシマヤマネコにFIVやFeLVなどイエネコの感染症が確認されています。
感染したイエネコが野外でツシマヤマネコに接触するなどして、ツシマヤマネコに感染症が広がると絶滅の恐れがますます高まります。つまり、対馬のペットをきちんと飼育することが、ツシマヤマネコをはじめ対馬の自然を守るためにとても重要です。
どうぶつたちの病院は、市民の飼育するペットにどうぶつ医療を提供すると共に、対馬地区ネコ適正飼養推進連絡協議会(※)の一員として、飼いネコに不妊化やウイルス検査などを実施しています。

2012年度までは、同協議会が、環境省、長崎県、九州地区獣医師会連合会ヤマネコ保護協議会などからの資金提供支援を受け、またどうぶつたちの病院が、日本経団連自然保護基金および三井物産環境基金より助成を受けることで、飼主様のご負担なく実施していました。

2013年度からは、飼い猫に対しては、九州地区獣医師会連合会希少野生動物保護支援協議会からの資金提供支援を受け、飼い主様の一部負担による不妊化手術を実施しています。

金額の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

 

※対馬地区ネコ適正飼養推進連絡協議会 について

【構成】環境省、長崎県、対馬市、対馬市教育委員会、獣医師会(福岡県、長崎県、長崎県対馬支部)、NPO法人どうぶつたちの病院、専門

 

【主な事業内容】
・飼いネコに半額負担での不妊手術、
マイクロチップによる個体登録、ワクチン接種、FIV/FeLV

 ウイルスの検査を実施

  ※FIV/FeLV検査キットは日本全薬工業株式会社様より無償提供を受けています。

・2013年から地域のノラネコ対策(不妊化、マイクロチップ登録、ワクチン接種)を実施

  ※ワクチンはメリアル・ジャパン(株)様より無償提供を受けています(2015年~)

・捨てペット防止キャンペーン
 毎年1~2回、市内各所でペットの適正飼養を訴えるキャンペーンを開催

・動物愛護週間イベントへの協力
 対馬獣医師会主催の動物愛護週間イベント「わんにゃんフェスティバル」への協力

ツシマヤマネコはじめ対馬の野生鳥獣の救護活動

どうぶつたちの病院の活動拠点である対馬動物医療センターでは、交通事故や病気などで保護された野生鳥獣に対する医療提供などの救護を実施しています。

ツシマヤマネコの飼育下繁殖個体群管理に参加

対馬野生生物保護センターでは、感染症(FeLV)に感染して野生に戻せない個体、福岡市動物園で産まれた個体、事故などで救護された個体などを飼育し、一部の個体の一般公開も行っています。また、各地の動物園(福岡市動物園、井の頭自然文化園、横浜市立よこはま動物園、富山市ファミリーパーク、九十九島動植物園、京都市動物園、名古屋市東山動物園、沖縄こどもの国、盛岡市動物公園)とともに、ツシマヤマネコを分散飼育して繁殖を促し、飼育下個体群を確立して、いずれは野生復帰を目指しています。

どうぶつたちの病院では、こうした、対馬野生生物保護センターで飼育されているヤマネコたちの飼育、定期健康診断、治療などの動物医療を環境省から委託を受け実施しています。