傷病鳥救護のご報告(7月)

7月は例年にないほど、多くの傷病鳥が保護されてきました。

 

<保護日時・動物種・保護場所・予後>

7月1日  トビ(豊玉町仁位)    放鳥

7月8日  トビ(美津島町鶏知)   死亡

7月9日  ヒヨドリ(上県町瀬田)  死亡

7月24日  ミサゴ(峰町三根)    死亡

      ツバメ(美津島町鴨居瀬) 死亡

7月28日  アオバズク(上県町佐護) 死亡

 

 

多くの野生動物が救護されてくることは、皆様が、弱っている動物を見て、何とかしてやりたいと感じ、行動して下さった御蔭であり、非常にうれしく思います。ありがとうございました。

 

多くの個体が死亡してしまい、皆様の期待に応えられなかったことは非常に残念ですが、これからも機会がありましたら、救護のご協力、よろしくお願い致します。

 

尚、瀕死の状態の野生動物は、病院で治療を受けられることを知りません。

捕まえようとしたら必死に抵抗します。

また、重篤な感染症を持っている場合も考えられます。

怪我をされないよう、十分にご注意下さい。

 

弱った野生動物を見つけた際は、対馬振興局(0920-52-1206)に連絡するよう、よろしくお願い致します。

 

 

<追伸>

6月30日に保護されたツバメは、現在猛特訓中です。

近所のツバメに混ざって、元気に飛び回っています。

このまま、仲間と共に旅立ってくれると良いのですが…。